知っておきたい!矯正歯科の選び方

追加料金を取らない歯科は信用できる

歯列矯正は自費となります。料金は歯科医師が自由に決めるものです。それゆえ、料金も料金システムも千差万別となります。歯列矯正という一生にかかわることなので、腕のいいところなら、料金は二の次と考える利用者も多いでしょう。しかし、料金の高いところの腕がいいというわけではありません。そこに相関関係はまったくないと言っていいでしょう。むしろ逆相関かも、とすら思っています。
歯列矯正で極めて評判のよかった歯科では、最初に契約した料金を支払ったのちは、何回、何年後に通おうとも、追加料金は取っていませんでした。そのやり方で、高級住宅街でずっと営業していました。腕に自信があるからできることなんだろうな、と思います。

評判は何よりも確かな選択材料

その歯科で矯正をした人は、何のトラブルもなく、矯正を良い状態で終了しました。矯正は医療行為でもありますから、抜歯したり、その後の歯のケアをしたり、という面の腕も要求されます。そうしたこともすべて一流の歯科医だったようです。そうした歯科ほど、繁盛するから良心的な料金システムで十分採算が取れるのでしょう。何年後に通っても、恐縮させられるような雰囲気はなかったと言います。
腕が良いと評判でも、次から次へと追加料金を取っていく歯科医はどうかと思います。結局最初の見立てが違っていたということになり、そのことへの責任を自らとろうとせず、利用者に負わせるわけですから。そういう姿勢で、日々進歩している医学にちゃんと対応できているとは思えません。